九州弁護士会連合会(九弁連)は、九州・沖縄地区(福岡高裁の管轄区域)
8県の弁護士会によって構成される弁護士会の団体です。

理事長の御挨拶

九州弁護士会連合会
理事長 市丸信敏

理事長 市丸信敏

九州弁護士会連合会(「九弁連」と略称します。)のホームページへアクセスしていただき有難うございます。

九弁連2018年(平成30年)度理事長の市丸信敏(福岡県弁護士会所属)です。

1 市民の皆様へ

九弁連は、福岡高等裁判所管内の福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の各県弁護士会(沖縄は沖縄弁護士会です。)の連合会です。

九弁連は、 (1)各管内弁護士会の連絡並びにその所属弁護士及び弁護士法人相互間の協調等、(2)人権擁護及び法律制度の改善に関する事項、(3)弁護士及び弁護士法人の品位保持等に関する事項などを行うことをその目的としております。

九弁連は、上記(2)について、各管内弁護士会所属弁護士を委員とする、人権擁護、高齢者・障がい者支援、子どもの権利、犯罪被害者支援、両性の平等・男女共同参画社会の実現、消費者問題など市民の皆様の権利に関する問題、司法制度、憲法問題などの法制度に関する問題などについて、情報・資料の収集、調査・研究などを行う委員会・協議会を30ほど設けており、弁護士の使命である基本的人権の擁護と社会正義の実現のための諸活動を行っています。

これらの調査、研究などは弁護士会内部の知見に留まるものとするのではなく、時機に応じ市民の皆様に向けても多数のシンポジウムを行なうなど、情報発信を行なっております。

昨年は、大分県弁護士会を中心としたシンポジウム「合理的配慮の定着に向けて」を開催いたし、障がい者差別解消法が定める合理的配慮の義務について理解を深め、今後の課題などを議論しました。

今年度は、2018年(平成30年)10月16日に、福岡県久留米市内で「法教育」をテーマにしたシンポジウムを開催する予定です。先般の選挙権年齢の引き下げによって、主権者教育の重要性が注目されるなど、法教育は、これからのわが国における民主主義の成熟に向けても大きな意義があるものと考えております。市民の皆様におかれましても、ぜひ足をお運びください。

そのほかにも、九弁連では、このような委員会・協議会活動の成果を発表し、また議論をする多様な公開のシンポジウムなどを随時開催しており、このホームページでは、各種シンポジウム、その他のイベントについての情報をお知らせいたします。

ご興味、ご関心をお持ちいただきましたら、是非、ご参加ください。

市民の皆様がこのホームページをご活用されるとともに、九弁連に対するご意見、ご指導を承りますようお願いいたします。

2 各管内弁護士会及び弁護士会員の皆様へ

各委員会活動などを通じ、九弁連活動を支えていただきありがとうございます。九弁連は各県の枠を超えた弁護士の交流と連携により、より充実した人権擁護と社会正義の実現のための活動を推進する役割を担っています。是非、多くの若手会員の方にも、積極的に九弁連の活動に参加いただき、ご活躍いただけると幸いです。

このホームページには、九弁連の活動、大会やシンポジウムの案内、宣言・決議、声明等を掲載いたしております。会員である弁護士の皆様には、「宣言・決議」については、是非ご一読いただきたいと思います。このうち、「ハンセン病「特別法廷」と司法の責任に関する決議」(2016年(平成28年)9月23日)は、弁護士を含む司法による差別・人権侵害の責任を問うものですが、私たちは決して同じ過ちを繰り返さないよう、この問題への理解を深め、その反省を深く胸に刻み込んでおかなければなりません。

最後に、九弁連活動及び当ホームページは、不断に改善していく所存ですので、皆様からのご意見がございましたら、ご遠慮なく私もしくは九弁連事務局までご意見をいただきますようお願いします。

2018年4月1日

九州弁護士会連合会

〒810-0043
福岡市中央区城内1-1 福岡県弁護士会内
TEL: 092-741-6416 /FAX: 092-715-3207

九弁連リンク

更新情報