九州弁護士会連合会TOP > 公設事務所便り・あさかぜだより

公設事務所便り

あさかぜ基金だより

あさかぜ基金法律事務所 宇佐美竜介

ごあいさつ

このたび,あさかぜ基金法律事務所に入所しました,所員弁護士の宇佐美竜介と申します。

私は東京出身ですが,大学卒業後に裁判所に採用され,30年以上九州の裁判所において裁判所書記官として勤務しました。司法修習は,裁判所時代の初任地である佐賀県で行い,弁護士として,福岡県に戻ってまいりました。

私の趣味

ランチの食べ歩きで,退職直前の六本松で115軒,退職から修習開始まで総合図書館通いをしていた西新で116軒,実務修習地の佐賀で57軒(コロナの影響で予定の半分以下ですが・・・)ほど巡りました。3月15日現在で天神周辺50軒(ラーメン屋のみ)足らずですが,記録をしっかり伸ばしたいと思います。

あさかぜ基金法律事務所に入所した理由

裁判所時代に,某支部において,地元の人の司法アクセスが良くない,事件屋が暗躍している等の話を聞き,使命感に駆られる思いをしたのがきっかけです。また,公務員という立場は中立公平という制約があり,本当に気の毒な人に手を差し伸べられないことに忸怩たる思いを抱いていたこともあり,自分の人生は安泰のままで終わっていいのだろうか,還暦間際ですが,人生最大の冒険を敢行するならば,司法アクセスが悪くて本当に困っている人の中に入っていこうと考えたからです。

あさかぜ基金法律事務所の紹介について

あさかぜ基金法律事務所は,司法過疎地域に赴任する弁護士を養成するため,多くの方が支えている都市型公設事務所です。所員弁護士は,1年半から2年程度の養成期間を経て,九州の司法過疎地域に赴任することになります。

抱負

私は,令和2年12月17日(昨年の福岡弁護士会の一斉登録日)から,あさかぜ基金法律事務所での仕事を開始しました。裁判所の実務経験が多いからと思われるかも知れませんが,今まで生きてきたのとは全く別の世界であって,自分は何と世間を知らないのだろうということを痛感させられております。

これからは,先輩弁護士から多くのことを学び,生涯勉強という言葉を大切に,精進していきたいと考えています。残りの人生,一期一会(食べ歩きもその一環)を大事にしたいと思います。