九州弁護士会連合会TOP > 公設事務所便り・あさかぜだより

公設事務所便り

あさかぜ基金だより

あさかぜ基金法律事務所 佐古井 啓太

はやくも1年半が過ぎて・・・・・・

あさかぜ基金法律事務所に入所して,はや1年半が過ぎました。入所当時,机を並べていた弁護士も既に3人が司法過疎地へと旅立ちました。うち1人は同期であり,一足早くあさかぜを卒業して,さっそく所長弁護士としてバリバリ活躍している姿を見ると,自分もがんばらないといけないなと身の引き締まる思いです。

さて,今回はその1人である小林洋介弁護士が所長をつとめる飛鸞ひまわり基金法律事務所を訪問したときのことを報告します。

飛鸞ひまわり基金法律事務所

飛鸞(ひらん)ひまわり基金法律事務所は長崎県平戸市にあります。平戸市は人口3万人の市で,平戸島その他の島しょ部と九州本土部(旧田平町)から構成されており,長崎地家裁の平戸支部が置かれています。裁判所や市役所のある市中心部は,平戸城を仰ぎ見る旧城下町であり,平戸島に位置しています。本土ではなく島側に行政の中心がある珍しいまちでもあります。

平戸支部は平戸市と隣接する松浦市を管轄しており,その管内人口は5万人です。弁護士が多数いる佐世保市までは車で1時間ほどかかる司法過疎地であり,新たな法律事務所の設置が望まれていたところ,令和2年7月に,小林弁護士が,新たにひまわり基金法律事務所を開設しました。「飛鸞」というのは平戸の古名であり,日本酒の名前にもなっています。以前,この地に平戸ひまわり基金法律事務所があったことから,同じ名称を避けて,この名前にしたそうです。

小林弁護士は,あさかぜ基金法律事務所で2年半ほど養成を受けたあと,飛鸞ひまわりの初代所長としてスタートしました。活動を始めて1年近くたっており,日々,平戸地区の人々のために活躍されています。小林弁護士は,人当たりがよく親しみのもてる弁護士であり,依頼者から顧問になってほしいとお願いされることもありました。あさかぜ時代の最後の4か月だけですが,私も,小林弁護士と一緒に事件を共同することがあり,その依頼者に対する真摯で丁寧な姿勢は,とても勉強になりました。

飛鸞ひまわりを訪問した経緯

あさかぜ基金法律事務所は,九州・沖縄の司法過疎地に派遣する弁護士を養成する目的で作られた事務所です。所員弁護士は,この先赴任することになる司法過疎地とはどのような場所なのか,実際に先輩弁護士がどのように活動しているのかを実地に学ぶために,年数回,先輩弁護士の事務所を研修として訪問しています。今回も,そのような研修の1つとして,飛鸞ひまわりを訪問しました。

平戸を訪問して

当日は,車で平戸に向かいました。福岡市内からは,西九州自動車道が平戸市の手前の松浦市まで通っているので,非常に便利です。車に揺られること約2時間,本土から平戸島に架かる平戸大橋が見えてきたところで,飛鸞ひまわり事務所に到着しました。事務所は,本土側の旧田平町中心部の国道沿いにあり,周辺地域からのアクセスも良さそうな場所で,裁判所までも車で8分ほどの便利な所にあります。開設したばかりの事務所ということもあって,室内は真新しい備品のそろったきれいな事務所でした。

小林弁護士からは,現在,どのような事件をやっているのか,平戸での弁護士活動について話を聞きました。民事事件では,あさかぜ時代に経験しなかったような幅広い事件を受けており,飛び込みの相談も時々あるそうです。また,管財事件や相続財産管理など裁判所からくる事件もあるとのことでした。刑事事件では,早くも裁判員裁判が回ってきたとのことで,地域に弁護士が少ないと,他に受ける弁護士もいないため,重大事件を避けては通れないようです。裁判員裁判は長崎地裁の本庁で行われるので,被告人も長崎の拘置所に移されて,接見するだけでも大変なので,長崎本庁管内の弁護士と一緒に弁護人をやっているとのことでした。スタートして早々から,多くの事件を抱えている小林弁護士の話を聞いて,司法過疎地でも弁護士が必要とされていることが改めて実感できました。

小林弁護士に話を聞いたあとは,事務所で用意してもらった昼食をいただきました。大皿にいっぱいの刺身の盛り合わせをごちそうになり,平戸の海の幸を堪能しました。

食事が終わってから,平戸のシンボルである平戸大橋を渡り,平戸島内の川内峠展望台に行きました。丘の上に広がる草原の中を一本の道路が走っていて,東西に海を広々と見渡せる,とても気持ちの良い所でした。平戸は風光明媚で名高い土地で,自動車のテレビCMなどが多く撮影されているそうです。他にも訪問したい所はあったのですが,平戸島は南北に32キロと思ったより大きく,時間の関係で断念せざるを得ず,中心市街地と平戸城を少しだけ見て,後ろ髪をひかれる思いで,未練たっぷりのまま福岡へ帰りを急ぎました。

帰り道に道の駅によって,土産を買いました。せっかく平戸に行ったので新鮮な魚を買いたかったのですが,調理ができないのでやむを得ず,長崎の定番のカステラを買って帰りました。

これからもがんばります

あさかぜ所員は,司法過疎地には弁護士が足りていないので,地方に行くととても歓迎されるということを常日頃から聞かされていますが,こうして実際に平戸を訪問すると,そのことを強く実感することができます。

いずれ私も,その地方の人々に頼られるような弁護士になるべく,いっそう研鑽に励んでいくつもりです。